運輸安全マネジメント /Safety

運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

平成30年度(平成30年 4月1日~平成31年 3月31日)

1.輸送の安全に対する基本方針

  1. 全従業員に対して、輸送の安全確保が最も重要であり、運送の使命であることを認識させ、その実現のため社長自らが、主導し周知徹底して安全性の向上を図る。
  2. 運行管理及び車両管理(整備管理を含む)の充実強化を図り、確実に機能するように配慮する。
  3. 輸送の安全を確保するため、必要な予算及び体制を確保、構築する。
  4. 輸送の安全に関する取り組み状況等の情報について、積極的に公表する。
  5. プロドライバーとしての自覚を高め、酒酔い及び酒気帯び運転、過労運転、過積載運行等を行わない。また、行わせない。

2.輸送の安全に関する目標及び達成状況

  1. 安全方針に基づく目標(平成30年度)
    人身事故   目標 0件
    物損事故   目標 0件
  2. 平成29年度の事故防止重点目標及び達成状況
    人身事故   目標 0件    実績 0件
    物損事故   目標 0件    実績 0件
  3. 自動車事故報告規則第2条に規定する事故
    平成29年度 実績 0件

3.輸送の安全に関する計画(平成30年度)

  1. 定期的に適性診断を受診する(平成31年6月)。
  2. 運転者講習を受講させ、運転者の能力向上を図る(年1回以上)。
  3. 貨物自動車運送事業安全性評価事業(Gマーク)を更新する(平成32年末)。
  4. 従業員の声を十分に聞き、精神的にも落ちついて運転できるようにする。
  5. タイムレコーダーにより、労働時間を把握し、長時間労働、過労運転撲滅を図る。
  6. EMS設備(いすゞ みまもり君)を活用し、運転状況の把握(アイドリングストップ、スピードオーバー、長時間運転)を適切に管理します。
  7. 運行管理者、および整備管理者は貨物自動車に同乗し、運転手とのコミニュケーション及び運転の状態をチェックします。

鈴仙運輸株式会社
本社 営業所
代表取締役 鈴木宏和