安全 Q&A /FAQ

よくある質問

Q.職場の環境・雰囲気をどうでしょうか?
A.社員同士の仲が良く、仲間意識を持って働ける会社です。お互い仲間の仕事にも気にかけていて、協力を惜しまない連帯感のある職場です

Q.運送の仕事は危険な仕事じゃないですか?
A.いいえ、鈴仙運輸では上記のように安全への取り組みを徹底しています。労働時間をシフト制にして1日8時間で収まるよう配
  慮しています。ただ仕事の都合上これを超える場合がありますが、その場合は割増時間外手当を支給いたします。

Q.荷物の上げ下ろしなど体力が必要ですか?
A.いいえ、トラックにはすべてリフトが付いており、カーゴでの輸送がほとんどですので、体力はさほど必要ありません。

Q.社会保険はどうなっていますか?
A.当然のことながら、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金に加入することを義 務づけています。また、万が一のため、トラックには対人、対物、荷物保険に加入 しています。

Q.長距離の輸送はありますか?
A.はい、ございます。ただ特定のドライバーだけではなく、すべてのドライバーに満遍なく長距離輸送がありますが、この場合は給与の他に、出張手当が別途支給されます。
  また、運行は、労働時間の短縮とドライバーの負担を軽減するため、往復とも会社 負担で高速道路を使用してもらいます。

Q.宿泊を伴う仕事はありますか?
A.はい、ございます。ドライバーの疲労回復のため会社負担でホテルに宿泊していただきます。

Q.長く働けるのでしょうか?
A.はい、何十年も働いているドライバーもおります。また、退職金制度(勤続3年以上)もあり長く勤められる環境がございます。


安全への取り組み

飲酒検査

バックアイカメラ

すべての車両にトラックの後方を見ることができる
バックアイカメラを装備しており、安全に後方確認ができ、
バックできるようにしております。
また、エアバックも全車両に装備されております。

GPSによる位置確認

すべての車両にGPSを装備しており、リアルタイムで
運行状況を把握しております。
ドライバー1人ではなく、会社でも見守っております。
このため渋滞や行き先変更等、すぐに適切な指示が送れます。

運転適性検査と健康診断

運転し対し、客観的な判断を行うため、
すべてのドライバーに適正診断を受けていただきます。
「性格テスト」「安全運転態度テスト」危険感受性テスト」
「処置判断検査」など己を知ることで、
落ち着きのある正しい判断と適切な処置が可能となります。
社員の健康を管理することは、ひいては
ご家族の安心のため、ドライバーは年2回の健康診断を受けさせております。

みまもりくんによる安全運転をサポート

いすゞの高度な運行管理システムにより、
「スピードを出し過ぎですよ」「急加速ですよ」
「休憩をとりましょう」など音声と警告音により、安全運転をサポートします。